20190622

大風に乗って。屋根の高さを行く、水面を切りながらも。海に落ちて、捕まったのは水神様を祀った祠への舟。風を受けて進む機構の主軸は、硬くて薄い木の一枚板。岸にたどり着く希望がみえたところで、エンディングテーマ。
な、夢。

20190617

はっきりと夢であるもの、そんな意識が追いつかないもの、との中間地点を永遠に持続するような夢。具体的に何もみていない。バックグラウンドイメージはナンであるが、バックグラウンドカラーは何かを指定してあったと思う。「ド」で終わるのは音楽的ではない。

20190616

何度みてもメニューが決まらない夢。プレートとスープを決めパンを決めたいのに決まらない、同じ内容なのにもう一つ別のメニューをみたりしている。

20190613

私の大好物は牛レバ刺し丼の具材だけをパック詰めにしてあるものを白飯の上にかけて作る丼である。という夢。元々ヤンキーだったやつが更生して母校に帰るという、あるある。売店は野菜の小売り所よろしく入り口から奥まで縦に長いレイアウトの店内、白色灯の数が平米に対しては少なめ。汁物のところで混雑し、何人かのおじいちゃんの手が迷いあって触れる。
あれが大好物だったよね、と云われていたが、それは自分ではない誰かだった。その大好物自体を固有名詞で表現しない事へ何の疑問もない。私は想像力を使ってクウキヲヨム。他人の調子にあわせる事が苦手な人物のストーリー&テラー@野菜小売店風売店。
NOT CONTINUE...

20190612


巣。

20190607

山の頂上の高さで走る道路、水平線、茜色、自動操縦の電気自動車、白い車、車内、速度制限なし、一人ではない、防波堤を通り過ぎるトラックのキャビン頭上に男性の首、感情、和室、宿泊、一人ではない、襖の噛み合わせが悪い、他人の食事、、、。

20190604


夜眠っても朝、目覚めることができる。

20190603


焦る夢で目が覚める。

20190529

結局いちから、とまでは行かなくても作り直す。いろいろ作り直す。前例があるものは疑いなく信用してしまう癖がつまらん。前例が無いというのは、なぜ前例が無かったのか、その答えが時代の変化と共に変化する。
両手のさらに外側の両手。

20190523

レセプションパーティー。ポッドキャスト。チャールズミンガス。
プラント。ファイヤーバードノンリバース。
ワーミーペダルWH-1,XP-100。。。。

20190522

夢の備忘録。最近時々夢をみる。
ある人の背中に自分の腹をくっつける手術をする夢だった。手術がどうこうよりもそうします、と宣告される。
各々の都合でやっていた事をどちらかの必要に応じて一つに絞る必要がある。町内会に合体した体で出席する事を想像した、その他具体的なシチュエーションをいくつか想像。正直な心持ちで今目が覚めたところ。まだ夜が深くなったばかりだった。はい。